WordPress プラグインのPHP7互換性チェック

昨今、多くのレンタルサーバで PHP7 がサポートされるようになりました。

PHP7 は PHP5 にくらべて実行処理速度が大幅に改善され、WordPress も大幅に高速化するということです。

PHP7 にアップグレードできる環境であれば、直ぐにでも PHP7 へアップグレードしたいところですが、WordPress 本体はバージョン 4.4 から PHP7 に対応しているのですが、問題は使用しているテーマやプラグインが PHP7 に対応しているかどうかです。

テーマやプラグインが謳っている WordPress の検証済みバージョンが 4.4 以上であっても PHP7 に対応していないものもが多く存在します。WordPress 4.4 以上=PHP7 対応という訳ではないのです。

そんなときに便利なのが、PHP Compatibility Checker プラグインです。このプラグインはテーマやプラグインの PHP バージョンの互換性をチェックしてくれます。

PHP Compatibility Checker プラグイン

使い方はとっても簡単。PHP Compatibility Checker プラグインをインストールして、管理画面メニューより [ツール]-[PHP Compatibility] を開いて、[Scan site] ボタンをクリックするだけです。これだけで、有効化状態のテーマおよびプラグインのすべてをチェックしてくれます。

スキャンが完了すると結果が表示されます。

ここでエラーになるテーマやプラグインがあれば PHP7 へアップグレードは控えたほうがいいということになるでしょう。

最後に

このチェックはあくまでも互換性のチェックであり動作保障するものではありません。実際に PHP7 にアップグレードする場合は慎重に行ってください。

コメント

  • 石川 より:

    こんにちは。
    PHP7にするとかなり高速化できるようなので、こちらを参考に現在スキャン中なのですが、もし不具合が出た場合もサーバー側でPHP5に設定し直せば元に戻せるのでしょうか。当然自己責任で行いますが、”データを破壊するかも”といった記述もあったので心配しております。

    • 石鷹 より:

      こんにちは
      データを破壊するかどうかはプラグインやテーマによるので何ともいえませんが、PHP7 に対応していないプラグインを PHP7 のままで使用する方が問題があると思います。
      チェックでエラーになったプラグインやテーマのサポートで、PHP7 に対応してもらえるように、お願いするのがいいかなと思います。
      (なお、私はデータを壊したという実例を聞いたことはありませんね)

      • 石川 より:

        返信有難う御座います。
        投稿の後にスキャンが完了しましたが、テストでPHP7へ設定するまでもなく、半数近くのプラグインがエラーを吐いていたので、この数ではプラグイン側が対応してくれるのを待つしかなさそうです。

        wpで運営していれば、500エラーに関しては皆さんそれなりに経験はあると思うのですが、どの程度なのでしょうか。
        自分の場合はサーチコンソールに毎日1000ページ中0~3件で近頃は毎日どこかしらのページが出るのが当たり前になっています。

    • 石鷹 より:

      私が運営しているサイトは何れもページ数もアクセス数も極貧なので 500 エラーも全くない状態です。参考になりませんね・・・(^^;

      • 石川 より:

        自分のサイトはもっとアクセスの割合は少ないと思います(笑)
        要因は色々ありそうなので、サーバー側からアクセス元などもチェックして解消して行くしかなさそうですね…

        有難う御座いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語でコメントを入力してください。