Full-Text Search プラグイン

日本語対応の全文検索プラグインです。

説明

WordPress のサイト検索 (検索ページなどのワード検索) を、LIKE 検索から日本語全文検索 (MySQL + Ngram パーサーまたは Mroonga エンジン + TokenMecab パーサー) に置き換えます。これにより検索のパフォーマンスが大幅に向上します。

また、HTML タグやショートコードを除いた純粋な文字列 (プレーンテキスト) で検索します。これにより HTML タグやショートコードが検索されるようなことがなくなります。

検索用のデータ (インデックス) は、専用のテーブルに保存されます。既存のテーブル構造や投稿データ (posts テーブル) を書き換えることはありません。

WordPress マルチサイトに対応しています。

使い方

プラグインを有効化するだけで、標準の検索が全文検索になります。

全文検索ツール (管理画面メニューより [ツール]-[全文検索ツール]) より、全文検索インデックスをメンテナンスすることができます。通常の運用では操作することはありません。データベースの投稿データを直接変更した場合など、管理画面以外から投稿データを変更した場合に、全文検索インデックスを同期する場合などに操作します。

スクリーンショット

全文検索ツール画面
全文検索設定画面

インストール

  1. WordPress 管理画面->[プラグイン]->[新規追加] メニューより、[プラグインを追加] ページを開きます。
  2. 検索ボックスに、”Full-text Search” と入力し検索します。
  3. Full-text Search が見つかったら、[今すぐインストール] をクリックします。
  4. インストールが完了したら “プラグインを有効化” をクリックします。

データベース設定

InnoDB エンジンの場合、データベースの ngram_token_size システム変数の値を1に設定することをおすすめします。デフォルトとは2で、この場合1文字での検索は効きません。現在値は、設定画面で確認することができます。

動作環境

  • WordPress 4.9以上
  • PHP 7.0以上
  • MySQL 5.6以上または Mroonga エンジン

注意事項

  • MySQL 5.6以上または Mroonga エンジンが必要です。
  • Mroonga エンジンが利用可能な場合は、InnoDB エンジンよりも Mroonga エンジンを優先して使用します。
  • 投稿データを書き換えるプラグイン (Search Regex プラグインなど) を使用した場合は、再同期 (全文検索ツールより [再同期] ボタンを押下) する必要があります。投稿データの更新日を更新しないように書き換えた場合は、再生成 (全文検索ツールより [再生成] ボタンを押下) する必要があります。
  • サイトをデータベース (データベースエンジン) が異なる環境へ移行した場合は、移行先でプラグインを再有効化する必要があります。

公式ディレクトリ

更新履歴

v1.0.0

  • 最初のリリース