コーディングのお供コーヒーの淹れ方2016春

カフェテリア コーヒードリッパー プログラマーといえばコーヒー好きと思われがちだが・・・その通りです。

コーディングにはコーヒーが欠かせません。飲めば飲むほどコードは強く(?)なります。

どうせ飲むなら美味しいコーヒーがいい!と、これまで色々な淹れ方(ネルドリップ、サイフォン、メリオール、エスプレッソメーカーなどなど)を試してきたのですが、最近はペーパードリップに落ち着いていました。

そんなおり、ペーパーフィルターを購入しようと Amazon を覗いていたら『カフェテリア コーヒードリッパー』といステンレス製ドリッパーがレコメンドされていて、まんまと購入してしまった(恐るべし Amazon レコメンド エンジン!)。

ステンレス製ドリッパーは過去にも使用したことはあったのですが、それはメッシュが荒かったのか、粉っぽくコクもなくかなり薄くいまいちでした。今回のカフェテリア コーヒードリッパーはメッシュがかなり細かそうなので期待できます。

では、早速ペーパーフィルターと飲み比べしてみます。

カフェテリア コーヒードリッパー VS ペーパーフィルター

カフェテリア コーヒードリッパー VS ペーパーフィルター 比較するペーパーフィルターは『VCF-01-100M』(ドリッパーは『VDC-01W』)です。コーヒーは中挽きをやや多めの12g。微粉は振るってません。 カフェテリア コーヒードリッパー VS ペーパーフィルター はい、出来上がり!写真では分かりにくいのですが、カフェテリアの方が見た目濃いです。コーヒーオイルはまったく浮いてません。これは、ペーパーフィルターよりもコーヒーオイルは多く抽出されるものとおもっていたので以外でした。 カフェテリア コーヒードリッパー VS ペーパーフィルター ペーパーフィルターの方はコーヒーオイルが浮いてます。好き嫌いあるとおもいますが、私はコーヒーオイル好きです。そして香りはペーパーフィルターの方がいいように感じます(慢性鼻炎なのであてになりませんが)。 カフェテリア コーヒードリッパー VS ペーパーフィルター はい、ごちそうさまでした。やはり微粉は残ります。

感想

ステンレス製フィルターということとカスタマーレビューなどから予想では、コクはなく薄めで香はいいのかと思っていたが、まるっきり逆でした。香はちょっと少な目でしたがしっかり抽出されコクがあり濃かったです。好みがあるのでなんともいえませんが私はペーパーフィルターの方がいいかな。でも、淹れ方を工夫(微粉を振るったり)してしばらくは使ってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語でコメントを入力してください。